舞台『すべての四月のために』 観劇後の感想

すべての四月のために観劇感想

「すべての四月のために」を観てきましたので感想を。

特に第2幕からがすごく引き込まれた!正直、最初は、あの<笑わせよう!>感がどうにも寒くて受け付けなくて…笑 ずっとこんな調子?ってげんなりしましたけども、どんどん引き込まれていきました。

むしろ、物語が進むにつれて<笑わせよう!>感が薄れていき、爆笑すらしていました。馴染んだってことなのか・・・

いや違う!!

私は、後半は萬石によって笑わせられるシーンが多かったので、だと思っています。剛くんのお芝居が上手だから、笑いのお芝居に対してのバランス感覚が絶妙だから、あんなにも笑えたのではないかと思っています。

別に共演者の方々をどうこう言ってるつもりはこれっぽっちもないです。皆さん素晴らしかったなと思っています。その辺も続きにて書いてます。

ただただ、森田剛という人物の全ての事においてのバランス感覚が優れていることを言いたいだけ。

では、笑ったな~ってポイントなどなど、書いていきます。

※以下、ネタバレありますのでご注意ください※

☆先に御礼!連日の拍手ありがとうございました☆

スポンサーリンク

『すべての四月のために』@ロームシアター京都 観劇

まず、とりあえず、これが言いたい!!

剛くん細かった~・・・

ウエストなんてビックリするくらい。横から見ると華奢で華奢で!私も常日頃痩せたい痩せたいと思ってますけど、あそこまで細くなくてもいいのかな~なんて思っちゃうくらい細かったです。笑 物語の最後、萬石と秋子が島を出ていくシーンの衣装のブカブカ具合が地味にツボでした。

ライブの時より痩せてたと思う。うーん、でもあの時は結構遠かったから分かんないけど。それでも声量はすごくて、最大音量出してる時なんて、音の振動がぶわっと、こちらの体までビリビリじわじわ響いてくるような凄さがありました。

タイトルの意味も素敵。

村川絵梨ちゃんは、昔見てたドラマで「この人のお芝居好きだな~」って感じたことがあって、だから、今回の剛くんとの共演を実は楽しみにしていたんですよ。舞台女優さん然としていて(といっても舞台の事はよく分かりませんが 笑)目を引きました。

おなじく4姉妹の末っ子、米子(@ひよっこ)こと伊藤沙莉ちゃんも存在感を放っていましたね。うん、春子すごく良かった!!声がひよっこの頃より一層ハスキーになっていた気がします。笑 舞台ってそれだけ喉を使うんですね。やっぱり剛くんはすごいな~・・・って何でも剛くんに結び付ける。笑

でも、沙莉ちゃん以外特に誰も声枯れてなかったから、皆さんさすがですね。春子にはあそこで逃げずに潔く捕まって欲しかったなと思います。自分のやったことに後悔はありません!と言い切った姿がかっこよかったのにな。どんな理由であれ、命が散ってゆくことは悲しいです。

好きなシーン:第1幕終了間際&秋子の妊娠発覚シーン

私が好きだなって思った演出は、第1幕が終わる寸前。主要メンバーが全員出てきて、第2幕へ続く!みたいな。それぞれの心情や状況をセリフなしで表してるあのシーンです。説明が難しい・・・

誰も何もセリフを発していないのに<何かが起こりそう>な予感をぷんぷんさせてる、あの演出がとても好きでした。

何のこと言ってるのか伝ったかしら?笑

あと好きなシーンは、秋子の妊娠が分かるあたりかな。萬石、調子よすぎるでしょ!笑 「秋子は座ってなさい!」の部分はめちゃめちゃ笑ったにこ 剛くんコメディーなお芝居も上手になりましたね!喰いタンの頃は若干大袈裟で苦手でした。ぶっちゃけ!笑

自分は冬子さんに未練たらたらのまま結婚したくせに、秋子が浮気をしたら落ち込んでる萬石が可愛らしかったです。秋子が浮気相手を追いかけて行ってしまい、落ち込む萬石に「日記に書くか?」ってトドメを刺すお父さんと、声にならない声を出して落ち込んでた萬石のやり取りが面白かったです。落ち込み方が可愛かったですねにひ

秋子が浮気相手を追いかけて行ってしまう時は止めきれなかったけど、春子が逃げ出した時は秋子をしっかり受け止めて後を追わせなかった萬石。唯一(笑)カッコイイと思った部分ですね←

萬石の願い通り、日記は彼の子供たちが読んでいて、それなりに感銘も受けていて良かった。でも、結局死ぬまで故郷に戻ってこられなかったというのは悲しいですね。

観劇しての感想

剛くんがいろんな雑誌で、あの一家はお互いがお互いをガンガン突っ込み合ってるところがいいなと思う、的なことを言ってましたね。私は、あの一家の「隠し事なんて到底できそうもない」感じは抵抗ありましたけど。笑(もっと言えば、頭を履きもので叩くのは嫌だ!)

でも、誰も悪意のある人がいなくて、裏表のない感じは素敵だなとは思いますね。なんだろ、昔ながらの家族って感じなのかな?昭和って感じ?サザエさん一家みたいな?辛い出来事もあったけど、笑顔を絶やさずたくましく生きている姿はカッコイイです。

途中お母さんのセリフで、春が来て夏が来て秋が来て冬が来て、そしてまた春が来て・・・を延々言ってるシーンがあって笑いどころの一つでしたけど、人生ってまさにそうだよな~ってしみじみしてしまいました。

第2次世界大戦中のできごと、もっと知りたいなと思うのですが、たぶん“思う”止まりになるだろうことは明らかなんですけどね… だめだめですね。笑

日本軍お抱えの理髪店になっただけで、その土地で生きづらくなってしまい、戦争が終わった後もその生きづらさは終わらないというのは悲しいですね。

V6がWOWOWとコラボしているから、剛くんの舞台もWOWOWで放送したりしないかな~なんて期待してみる!・・・やらなさそうだけど(諦め早!)

見られてよかったです♪ いい席だったしはーと

カーテンコール

カーテンコールでは、舞台上に出てくるたびに深々とお辞儀する剛くんがとっても印象的でした。あと、お義父さんお義母さん役の人たちと手を繋いで、ちょこまか小走りする剛くんが信じられないくらい可愛かったです。やり遂げた!って、いい顔してたキラキラ 惚れる~可愛い

可愛らしくて、シャイで、礼儀正しい。こんな少しの時間の事でも、森田剛の人間性がすごくよく表れていて改めて好きになりました。

次はいつ舞台やってくれるのかな~まだ全公演終えてないのに失礼ですね。笑

無事に終わりますように!!そして次の情報を心待ちにしておりますバンザイ

コメント