BANANA FISH #22 死の床に横たわりて

アッシュが書いた「さよなら」 アニメBANANA FISH #22より

BANANA FISH #22 死の床に横たわりて

見ました!

英二ー!!😭

スポンサーリンク

#22 感想 ※ネタバレしまくり

あんなにも”気配”に鋭いアッシュが英二の優しさ、温かさに触れている時はその感覚が鈍る。

・・・これは“あの結末”への伏線です。

誰の事も幸せにしない 襲撃シーン

そうだった~ 英二が撃たれるんだった。
アッシュの「一言でみんなの頭を冷やさせる」シーンを楽しみにしていてすっかり忘れてた。笑(それから、震えるアッシュを英二が癒すシーン!)

 

「さようなら」を覚えている最中の出来事というのがまた・・・アッシュのたどたどしい日本語が切なさを増長させます。
(原作ではただ「ア・イ・ウ・エ・オ」と発音しています。それはそれで可愛くて◎)

何が起きているのか状況を理解した時のアッシュの表情が、息を呑む音が、頭から離れない。どうか、これ以上誰もアッシュの大切なものを奪ったり奪おうとしたりしないでください。

 

英二が傷付けられ、はらわたが煮えくり返っているアッシュは、襲撃者が死んでもなお、その身体に銃弾を浴びせ続けます。その時の拳銃は、以前アッシュが「歯止めがきかないから」と使うことを敬遠していたタイプの銃。#11 武器商人フライとの会話参照)

シンちゃんにまで銃口を向けるのはどう考えても正気じゃないですよね。
そして、あの状況で身を挺して止めに入れるシンちゃんはやっぱりボスの器だと思う。本人は悩みも多いみたいですが、自信を持って!(何様)

「誰がダウンタウンのボスかなんてそんなことどうでもいい」

こう思えるシンちゃんだからこそ、広い視野・先を見据える力のあるシンちゃんだからこそ、ボスに適役なんでしょうね。
“ボスであること”にしか目がない人たち(ね!オーサー!)がトップになれなかった所以はそこだと思います。

 

ラオは何かにつけてシンちゃんのことを「アッシュの下手に出ている」と言いますが、私はそうは思わない。シンちゃんがアッシュを尊敬し信頼しているのは間違いないですが、それでも、今回もアッシュに対してきちんと苦言を呈することができるし(襲撃シーンのシンちゃんの「アッシュ!」って言い方すごく好き)、対等に接していると思うんだけどな。

ショーター×アッシュの関係性と、自分×アッシュとの関係性をラオに比較され「あたりまえだろ!」とシンちゃんが答えたシーン、ライブリアクションでは「その通りだ!!」の大合唱で、ここでこんなにもリアクションが返ってくるのか!って驚きでした。

 

お互いを大事に思うアッシュと英二、シンを大事に思うラオ・・・
みんなそれぞれの大切な人を守りたいだけなんだけどな~ うまくいきませんね。

 

傷を負った英二の元に戻ってきたアッシュ。あの時のアッシュの”英二を見つめる眼差し”が、優しくて張りつめていて悲しくて、とても印象的。これがブランカが言うところの「アッシュは人を愛することを知っている」なのですね。(おそらく次週このセリフが出てくるはず!)

 

英二がアッシュの名前を呼び、アッシュが「うん」と応える時の「うん」の言い方が素晴らしいなと思った。

私はこれまであまり声優さんに注目をしてアニメを見たことがなくて、でも当たり前だけどやっぱり演技力の違いってありますね。アッシュの声優さんにはこれまでも何度か「今のすごいな」って鳥肌が立つことがあって、こうゆうのは初めての経験です。

 

でも大丈夫だよ、アッシュ!英二はちゃんと回復するから。
というか、アッシュも同じくお腹を撃たれているのに、あの行動力はすごい。自分も全力疾走しながら、同じく全力疾走している人の頭を打ち抜くのですからね。火事場の馬鹿力というのか、いかにアッシュの怒りが頂点に達しているのかが分かります。

ユエルンの事も嫌いになれない

ユエルンだって、私は”悪”だとは思いません。本当はアッシュの事が大好きで、英二という存在がいることも含めてアッシュに憧れていて、羨ましくて、憎くて。いろんな感情がぐちゃぐちゃで、もう自分ではどうしようもできないところまできてしまっただけなんですよね。

ただ、ユエルンは「英二みたいな存在がいるアッシュのようになりたい」のかな?

私はアッシュにとっての英二みたいな存在になりたいのかな、とも思う。全てはドースン博士の家で自分の足音には反応したのに、英二の足音には無警戒で安心しきっている姿を見たことから、ユエルンの嫉妬劇(笑)は始まったように思います。

 

でもユエルンがそんな風になってしまったのにもきちんと原因があって、彼もまた被害者なんですよね。憎み続ける事でなんとか今日まで生きてこられたんです。(これも詳しくは次週!)

ブランカにアッシュたちの居場所を教えてあげるところが悲しい。「行くな!」じゃなくて「行かないで」って言えたらいいのにね。だれか彼の孤独を癒してあげて欲しい。

でも、ユエルンはゆくゆくは憎しみをきちんと消化し、シンちゃんと良い強い関係性を築くことができるから大丈夫!

ライブリアクション

ライブリアクションでは、英二が撃たれるシーンは、みな絶句!終わってからもしばらく呆然・・・って感じでした。

だ・よ・ね!!!!

救われないよね!!この展開は・・・

最終話まで残り2話ってところで英二が負傷し、安否がさぞ気になることでしょうね。でもさっきも書いたけど英二は大丈夫!それ以上の爆弾が、おそらくは最終話のラスト数分のところできますから。笑・・・えない。

みんなはあの結末を見て大丈夫でいられるだろうか。無理だよね。心配だな。

アニメでの結末

私は、いつもアニメの放送後に同じ部分の原作を読んでいるんですけど、今回は、もうここまでくると止められなくて、久しぶりに最後まで読んでしまいました。(11巻[文庫]は意識的に読まないようにしていたので)

で、今ものすごい喪失感にさいなまれている・・・笑

 

もうこの際、アニメの結末は原作と変えてもいいんじゃないか、とまで思っている。というか変えて欲しい。

でもダメですよね。それでは吉田秋生さんの選択に対してあまりにもリスペクトがなさすぎる。きっとあの結末にすることを決めるまでや、いざ決めてそれを描きながら、吉田さん自身もだいぶ傷ついたはずだから。

○余談○ I’m a okay

ところで「モウカリマッカ」と「ボチボチでんな」の時のアッシュのジェスチャーは一体何?笑

ってか伊部さん何を教えてるんだ!笑 いつ教えたんだ??🤣

 

「ボチボチでんな」の英語字幕が「I’m a okay」になっていて「a」って何??と思い調べたら、「a」が付くことで「超元気!」みたいな意味合いになるみたいです。ただの「I’m okay」だと、「まあまあだよ」みたいなニュアンスですからね。

そしてこの「a okay」にウケてる人もいて、なんで面白いのか分かるような分からないような。笑

じゃあ例えば「I’m great」と「a okay」を比較したらどうなるんだろう?誰か教えてー!

次週 #23

いよいよ!やっと!待ちくたびれたぜ!

ブランカ先生も本格的にアッシュの味方になります。

前回感想を書いた時に、あと3話で1巻強をやるのかな、それかAnother Storyもやってくれるのかな?

と書きましたが、どうもAnother Story説(説っていうか、私の勝手な願望ですが。笑)はなさそう?ですね。

物語のクライマックスをしっかりじっくり描いてくれそう。それはそれで嬉しい。

 

ライブリアクションで、「残り2話」の事を「残り40分」と表現している人がいて、なるほど~そう考えるともうあと本当に少しなんだな…ってだいぶさみしくなりました😔

 

次週、#23 誰がために鐘は鳴る は12月13日(木)深夜放送です。

 

 

☆8日に1件拍手いただきました!ありがとうございました☆

コメント